日本発着ケニアスタディーツアー&サファリツアー

早川千晶が案内するアフリカに深く触れる旅
ケニアスタディーツアー&サファリツアー(日本発着)

現代社会と伝統文化。葛藤の中でもたくましく生き、笑顔あふれる人々。

広大な草原。地平線の果てまで続く大地と空。息づく自然、動物たち。

普通の旅行では見えてこないケニア本来の姿を、アフリカを知り尽くした早川千晶がご案内します。

案内人

201511105早川千晶

ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺・マゴソスクールを主催。海岸地方ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営している。スラム住民の生活向上、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアー、大自然体験キャンプ、フェアトレード活動、CD制作などを手がけている。

12659743_1030273210367521_185409364_nジャクソン・オレナレイヨ・セイヨ

マサイ族⻘年リーダーであり、永松真紀さんの夫でもある。
シリア・マサイのカプティエイ⽀族に属する。
戦⼠時代に7頭のライオンと1頭の象を仕留めた勇敢なマサイ男性。現在も、牧畜を基盤とするマサイ伝統⽣活を送っている。

 

 

訪問先

永松真紀さんが嫁いだマサイのエナイボルクルム村

MINOLTA DIGITAL CAMERA美しく勇敢なケニアの民族、マサイ。
牛と共に生き、伝統儀式、文化を大事にしている。現代社会の影響は免れないが、大事なものは残しつつ、時代に合わせた変化を受け入れている。
ツアーでは、マサイノ伝統文化を体験し、マサイの土地を歩くエコツアープログラムを実施。
http://masailand.com/

 

マサイマラ国立公園やアンボセリ国立公園でのサファリ

002-1ケニアには様々な国立公園があり、それぞれの特色がある。マサイマラ国立保護区は、生息する動物の種類も数も群を抜き、季節によってみられるヌーの川渡りも有名。
アンボセリ国立公園は、キリマンジャロを眺めながらのサファリが出来る事で有名。近年「砂漠化」といえる現象が問題になっている。
どこまでも続く地平線。自由に行き交う動物たち、地球の美しさ、尊さを感じるサファリ体験。

キベラスラムとマゴソスクール

IMG_0737素晴らしい自然が広がり、多くの野生動物の生息するケニア。その一方、貧富の格差、エイズなど多くの問題も山積み。
そうした問題に立ち向かい、懸命に生きる人々がいる。人口200万人とも言われる最大のスラム「キベラ」にて、住まいの訪問や「マゴソスクール」の子ども達との交流など。

 

ケニアで活躍する日本のNGO団体

12642564_1165932340085140_8138734118838417921_n職業訓練を行うNGOアマニヤアフリカ(http://amani-ya.com/)。
ストリートチルドレンのリハビリテーションを行う松下照美さんのモヨチルドレンセンター(http://moyo.jp/)
児童養護施設を運営している荒川勝巳さんのサイディアフラハ(http://saidiafuraha.sakura.ne.jp/)等の活動を見学させていただきます。

 

日程

①新春アフリカスタディツアー10日間
「キベラスラムのマゴソスクール訪問 マサイ文化体験キャンプとサファリ」

旅行期間:2017年1月6日(金)~2017年1月15日(日)

 

②ケニアスタディツアー10日間
「キベラスラムのマゴソスクール訪問 マサイ文化体験キャンプとサファリ」

旅行期間:2017年3月15日(水)~2017年3月24日(金)
shousai

 

③ケニアスタディツアー10日間
「ナイロビキベラスラム・マサイ文化体験キャンプ」

旅行期間:2017年7月29日(土)~2017年8月7日(月)
shousai

 

お問い合わせ

株式会社たびせん・つなぐ
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1-3-1 北村ビル302
【受託販売】株式会社たびせん・つなぐ/東京都知事登録旅行業 第3-6101号
TEL 03-5577-6300
http://www.tabisen-tsunagu.com/wp/?cat=16

 

 

1click募金

movie

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © マゴソスクールを支える会 All Rights Reserved.